お役立ちコラム

【社会人起業スクール】WILLFU(ウィルフ)を体験!(口コミ・評判・料金も徹底調査)

起業したいけど、何から始めればいいか分からない

今の会社で働きながら、月10〜30万円でも収入を増やしたい

シオタ
シオタ
そんな方におすすめなのが「WILLHU(ウィルフ)」が運営する「実践型の起業スクール」です。

本記事の執筆者

シオタ(@shiota_voffice

 

「起業したいけど、何から始めればいいか分からない」そんな方におすすめなのが、起業家スクール『WILLHU(ウィルフ)』です。

WILLHU(ウィルフ)は、あの「サイバーエージェントの藤田社長」やパズドラを生み出した「ガンホー会長の孫泰蔵社長(孫正義の弟)」からも出資を受け、お墨付きをもらっている”新進気鋭”の起業スクールです。

この記事では、起業スクールで最も有名な「WILLFU(ウィルフ)」のメリット・デメリットから、実際の受講者のリアルな評判についてご紹介します。

シオタ
シオタ
本当におすすめできるスクールなのかどうか、実際に「無料体験スクール」も受けた筆者の感想も交えながら、レビューしていきます

起業スクール「WILLFU(ウィルフ)」とは?

1分でわかるウィルフの一覧

運営会社 株式会社ウィルフ(WILLFU)
代表取締役社長 : 黒石健太郎
※設立:
2013年6月6日
※所在地:
東京都渋谷区南平台町15-11 南平台野坂ビル2階
プログラム内容 経営スキルと事業アイデアの構築〜事業検証を実施
期間 3ヶ月間
※毎週火曜日19:30-22:30(計12回)
講師・メンター 石黒健太郎 ㈱ウィルフ代表
田中翔 ㈱アントレプラス代表
井上貴文 楽天㈱社長室新規事業開発室
根岸侑平 サイバーエージェント 新規事業責任者
清水力 日本ベンチャーキャピタル
森脇潤一 ㈱リクルートマーケティングパートナーズ 事業開発グループ
渡邊亮輔 リクルートジョブズ 新商品企画
竹川祐也 サイバーエージェントキャピタル SVP
吉川徹 マイベスト代表
小沼佳久 ㈱LIFULL CSO
上村一行 ㈱アイアインドシー・クルーズ代表
他多数
会場 全てオンライン(どこからでも参加可能)
対象 24〜70歳までの社会人
コース ・スターターパック:社会人講座 3ヶ月
・通常パック:社会人講座 3ヶ月+卒業後3ヶ月個別コンサル
・みっちりパック:社会人講座 3ヶ月+卒業後9ヶ月個別コンサル
料金 無料説明会でのみ公表とのことで記載を差し控えています
(スクールの中ではかなり安いと思いました)
支払い方法 クレジットカード、銀行振込
公式サイト https://willfu.jp/shakaijin-kigyo/

シオタ
シオタ
2021年4月には、日本最大級の独立・開業メディアを運営する株式会社アントレと資本提携を開始し、講師陣やメンターもさらに豪華になりました。

ご興味のある方は、まずは「無料のオンライン説明会」に参加してみてはいかがでしょうか?


\ 3ヶ月で収益化達成を目指す 

無料オンライン説明会実施中!
WILLFU 公式サイト
無料説明会申込はこちら

 

黒石代表のメッセージ

「来年こそは、独立・開業・起業しよう」と、60回繰り返すと、人生は終わる。

このサイトに来られたということは、きっと「いつかは独立・開業・起業してみたい」という思いを持っているのではないでしょうか。

しかし、おそらく今はまだ、独立・開業・起業していないのだと思います。

日本では、2人に1人が、独立・開業・起業に興味を持ちつつも、 実際に独立・開業・起業している人は、たった3%のみ。ほとんどの人が、皆さんと同じように「興味」と「実践」の間の壁を乗り越えられず、目の前の仕事に追われるだけの日々を過ごしています。

では、なぜ、「興味」と「実践」の間の壁は大きいのでしょうか。

それは、いきなり大きなこと、完璧なことを実現しようとするあまり、「実践」に伴って、退職や多額の投資、高度な経営知識が必要な状態を想定してしまうからです。

しかし、現実に独立・開業・起業している方は、最初は働きながら小さく始めています。

例えば、飲食店を50店舗経営する創業者は、1店舗目を出店する前に、土日祝日の三連休で、地元のお祭りに出店検証することから始めていました。三日間のお祭りで、三日とも行列ができ、なおかつ三日目の行列が一定以上リピート客になったことを確認して、初めて独立して1店舗目を出店しました。

例えば、あるIT上場企業の創業者は、会社で働きながら土日でサービスを立ち上げ、そのサービスが伸び続けて副業で対応できなくなった段階で、初めて独立起業しました。

私自身、会社員として働きながら、退職する1年前からいろんな事業に平日夜と土日で取り組み続け、会社員としての給与と同等に収益化が実現できた段階で退職をしました。

「いつか、独立・開業・起業したい」

そう思っても、いきなり会社を辞める必要なんてありません。 まずは、働きながら始めてみればいいのです。

・やってみて、自分に合ってたら、もっとやればいい。
・やってみて、合わなければ、また別の道を探せばいい。

しかし、やってみないと、考えるだけで一生が終わります。
いつかトライしたいなら、今、やるべきです。
一人でできないなら、刺激的な仲間と共に始めればいい。

私たちは、そんな皆さんを、本気で応援し続けたいと思っています。

>>「無料オンライン説明会」申込はこちら

 

WILLFU(ウィルフ)の口コミと評判

「Google」や「実際に受講された方」の評判や口コミをまとめました。

「良い評判」の前に、まずは「辛口の意見」から見ていきましょう。

悪い評判 (口コミ)

ウィルフは本当におすすめしません。
コロナでオンラインになったのも1つの要因かもしれませんが、本当に質が悪いです。
授業は3C分析やspot分析などその辺の本でも読めば分かることしかしませんし、それだけの知識で「はい、起業して?」と放り出されます。
受講生も一期が終わった時点で半分には減り、グループにはいるものの授業には参加していない状態になります。
後半の授業は受講生50人中出席者3人位でした。
ここに30万払うくらいなら独学で起業について勉強し、起業のための資本に30万を使った方が得策です。
授業料を取り返すほど稼いだ人も1人もおらず、満足度も0%だと思います。皆「辞めてお金が帰ってくるなら辞めたい」と言っています。
30万をどぶに捨てないためにも、考え直した方がいいです。

出典 google口コミ

シオタ
シオタ
かなりの辛口コメントです。スクールなので当然合わない方もいると思いますが、 Googleでの低評価はこちらのコメントのみでした。

良い評判(口コミ)

半年間お世話になりました!

もともと起業できたらイイな〜といった軽い気持ちで入ったのですが、いかに起業が難しいのか、いかに一つのことを深く考え、継続して頑張るのが大変なのかを身をもって実感しました。

起業が自分には合わないことに気づけたことや副業に向けて実際に動き出せたこと、行動力を手に入れられたこと、これらを手に入れられたので個人的には入学してよかったと思います。

出典 google口コミ

シオタ
シオタ
入学前と卒業後で、「行動」や「マインド」がガラッと変わったという方が、とても多い印象でした。

実際に受講しましたが、自分の場合は、人生観やキャリア選択の視点が変わりました。
自分で事業を立ち上げてみると、お客さんのことを考えず、自分本意な事業は、全くうまくいかないことがわかります。

実践するからこそ、顧客視点がビジネスの本質だなと自分の身をもって体感することができ、キャリア選択の視点が変わったのだと思います。そこらへんの情報商材屋とは違うので、頭だけで考え行動できず、プライドだけ高い人は挫折する印象です。

出典 google口コミ

シオタ
シオタ
ウィルフは、机上の理論ではなく、「実践しながら学べるところに価値がある」と感じた口コミでした。

2015年に受講しました。
当時は起業ってなんか面白そうだなとふわふわした感じで入学したのですが、実際に事業の立ち上げを通じて、起業やビジネスが身近に感じられたことで、起業家というキャリアの選択肢を与えてくれました。今ではデザイン会社を経営していますが、ウィルフに出会っていなかったら今の自分はなかったと思います。

出典 google口コミ

シオタ
シオタ
少し前の口コミですが、このように実際に成功され、活躍している経営者も数多く輩出しています。

良い口コミでは、

  1. 実際に事業の立ち上げを経験できて”起業”を身近に感じられた
  2. 入学前と後で「行動やマインド」がガラッと変わった

このような「非常に前向きな口コミ」が多かったです。

全体的にも「星4つ以上」の高評価となっています。

 

実際に卒業された方のインタビュー①

入社式で「起業する」と宣言して6年

大卒で積水ハウスに入社。入社式で意気込みを聞かれ、とっさに「将来、起業します」と宣言。転職も経て、6年が経過。 『起業する』と皆んなの前で言ったのに、まだ自分は会社員に甘んじている。そんなモヤモヤが我慢できないレベルに達し、退社。しかし何をすればいいか分からない…、そんな時にWILLFU 社会人講座を知りました。

守られた環境で、実験的に起業できる環境に魅力

起業に必要な経営スキルを学び、実際に事業を立ち上げて事業を回していく。 まさに会社員と起業の中間地点。両者を繋ぐ必要がある自分に最適な場と確信し、受講を決めました。受講開始すぐに、4事業の検証を開始。すると、1つの事業が口コミだけで売上20万円に到達。 受講中、その事業を磨き、卒業後の初月売上目標を200万円と決めました。最初は現実感もなかった数字が、結果、達成できました。

出典 WILLFU公式サイト

実際に卒業された方のインタビュー②

起業はできた。しかし、成長の頭打ちに悩む日々

起業家である父親の側で育ったことで、幼少期から起業を志す。最初の挑戦は、副業で始めたサロン経営。退職して、独立したものの、月商が20万円前後を行ったり来たり。伸ばしたいと思っていても、頭打ち感をずっと感じていました。改めて起業を学び、事業成長の頭打ちを乗り越えるために、WILLFU 社会人講座の受講を決めました。

複数事業の検証/比較を通じ、自分に合うビジネスが分かった

初回授業で、起業を通じて実現したい目的・ゴールを紐解いて言語化するワークに取り組み、自分自身は結局何をしたいのか、なぜそれをしたいのかについて自問自答を繰り返し続け、経営判断の軸を作りました。受講中、常に、ここで決めた目的・ゴールを頭の中で思い返し、事業アイデアの取捨選択や、やるやらないの意思決定をしていきました。

2回目の授業からは、目的・ゴールに沿って、色んな事業成長仮説を洗い出し、同時並行で複数事業を仮説検証。この仮説検証を通じて、「物」を扱う「法人向け」ECコンサルティングサービスとしての方針が固まり、営業推進をスタート。すると、ぽんぽんと受注が決定。20万円だった月商が、最低の固定売上だけで100万円に到達し、売上の桁が変わりました。

出典 WILLFU公式サイト

 

>> WILLFU公式サイト

WILLFU(ウィルフ)のメリット・デメリット

続いては、WILLFU(ウィルフ)のメリット、デメリットですが、

まずは、WILLFU(ウィルフ)の「デメリット」から解説していきます!

デメリット → 金額が非公開。。

デメリットといって良いか微妙なところですが、WILLFU(ウィルフ)は運営方針上、公式サイトなどでも受講料を非公開としており、「無料のオンライン説明会」に参加してから、受講料を聞く必要があります。

シオタ
シオタ
筆者は無料説明会に参加したので、金額を知っていますが、正直、想像以上に安かったです。

メリット①: 3ヶ月で「事業の立ち上げから収益化まで」をサポート

WILLFU(ウィルフ)のカリキュラムは3ヶ月になりますが、はじめの2ヶ月で「事業立ち上げに必須の経営スキル」を学び、残りの1ヶ月間で「働きながら自分の事業を立ち上げる」という流れです。

最後の1ヶ月は、検証を通じて構築した事業計画を実際に立ち上げ、収益化した上で卒業するというから驚きです。

▼実際の流れはこんなイメージです

シオタ
シオタ
実際の事業の立ち上げも、カリキュラムに含まれます。

ちなみに、社会人講座の1~8期の実績は以下の通りです。

  • 全員が黒字化して卒業
  • 受講中に生み出した平均利益額は月30.6万円

受講の期間内だけで500万円の黒字化を実現した人もいます。

シオタ
シオタ
3ヶ月で事業を作ることができるの!?って心配になりそうですが、3ヶ月でできなければそれ以上の時間を使ってもできないというのが「WILLFU論」のようです。

 

メリット②: 超豪華な講師やメンターが勢揃い

WILLFU(ウィルフ)には、起業のカリスマと呼ばれる「黒石代表」の他にも、一流企業の役員や有名な起業家など、豪華な講師やメンターが勢揃いしています。

リクルートやサイバーエージェントを始めとした、新規事業創出に強い企業やベンチャーキャピタルのノウハウを元に、再現性が高い起業プロセスを学ぶことができます。

講師陣

豪華なメンター

①小沼 佳久氏(株式会社LIFULL(東証一部) CSO)

東京大学卒業後、シンクタンク、戦略系コンサルティングファームを経て、2012年にLIFULLへ入社。
LIFULLグループ全体の経営戦略企画、M&A・投資、子会社の統括を担う。
また、CVC(Corporate Venture Capital)である「LIFULL Ventures」の立ち上げ、新規事業提案制度「Switch」の審査員等によりグループの新規事業開発や国内・海外スタートアップへの投資を推進している。

スクリーンショット 2016-03-26 19.23.34

「ビジネスほど、面白いエンターテイメントはない」

「こんなサービスがあったらいいのに」
そう感じ、自分の頭で考えぬいたものが、
実際に形作られていき、
新しい商品としてリリースされる。

こんな刺激的なものはない。
心底、ビジネスほど面白いエンタメはないと思う。

しかし、成功する人と失敗する人と出る。

成功する人と失敗する人の違いは、徹底度が違う。
失敗する人は、浅い。
一つダメだと、もう対案がない。

孫正義さんは、事業に取り組む時には、
10案くらい考えている。
「やる」だけじゃなくて、「やりきる」。
執念を持ってやっている。
それをやるには、相当の覚悟で、
価値を提供できることが大事。

それをもっとも大きく実現できるのが、
「起業家」。起業家は、覚悟と情熱。

ぜひ、つまんない大人にならず、
面白い大人になって欲しい。

 

②清水 力氏(日本ベンチャーキャピタル)

東京大学在学中に起業し、卒業後は、
戦略コンサルティングファーム アクセンチュアに入社。
2009年より日本ベンチャーキャピタルへ入社し、
Web/モバイル分野を中心にベンチャー投資を行う。

スクリーンショット 2016-03-26 19.23.26

「学生時代に起業し、月300時間、働いた結果、
新卒1年目から、同期と差をつけて活躍」

在学中に、モバイルCRMサービスを開発する
スタートアップを創業。
当時から、10社から15社の取引先があったため、
大学近くのオフィスで月に300時間くらい働き続けた。

結果、新卒入社したアクセンチュアでも
1年目からのスタートダッシュがきれ、
仕事への考え方、スタンスの面で、
同期に圧倒的な差をつけることができた。

若い時の起業経験は、間違いなく、
最速出世、活躍につながる。

今、振り返って、当時の自分に
アドバイスするならば、
『自身の事業領域の第一人者に会いに行け』
と言いたい。

若くして起業していれば、
そのブランドだけで多くの偉い人に会える。
その若者ブランドをフル活用し、
指導してもらうことで成長スピードを引き上げられる。

だからこそ、成長速度が高くなる。

ぜひ、若い時に起業へ挑戦し、飛躍的に成長してほしい

 

③上村 一行氏(株式会社アイアンドシー・クルーズ 代表取締役社長)

戦略コンサルティングファームを経て、起業。
売上数十億円まで成長させ、じげんグループへバイアウト。

スクリーンショット 2016-03-26 19.23.44

「気持ちの高まりを行動に移すか、
そのまま日常に戻るかが、人生の分かれ道」

自分が起業に踏み出せたのは、
シリコンバレーで既に起業していた知人に
『これからは起業だ』と言われて、
すぐ行動したから。

人の話を聞き、気持ちが高まった後に、
行動するのか、日常に戻るのか。
その選択で、人生は大きく変わる。
チャンスは等しくある。

あとは、自分がそれを活かすか否か。
是非、今回のチャンスを活かして挑戦してほしい。

「”とりあえず稼ぐ”ではなく、
お客様への”価値提供”こそが利益に繋がる!」

誰かからお金を頂くという事は、
その方に価値を提供しているという事。

『とりあえず稼ぐ』ではなく、具体的に
どんな価値を提供できるのか考え、
また買いたい、と思われるサービスを作ってほしい。

 

④吉川 徹氏(マイベスト 代表取締役社長)

大和証券の投資銀行部門で上場支援に取り組んだ後、
カカクコムで食べログなどの新規事業開発に尽力。
その後、mybestを起業し、創業2年で2,500万PVを達成し、売上も急成長中。

「ビジネスチャンスは、大きなパラダイムシフトの陰にある」

今の世の中、新規事業の余地はほとんど残されていない。
その中で事業余地を見つけていこうとすると、大きなパラダイムシフト、テクノロジーに紐づいた大きな変化がある時に参入の余地が生まれる。
例えば、スマホ化によるメルカリの台頭。
スマホにカメラがついたことで、出品が容易になり流れが変わった。
LINEもメルカリも、スマホがなかったら登場しなかった会社。
他にも、FaceBookの普及によって、Wantedlyやpairsなど個人情報や繋がりを活用したサービスが生まれた。

最先端のテクノロジーによって、人のライフスタイルが変わるようなパラダイムシフトがある時は、そこに新たな市場が生まれる。

「ラストムーバーアドバンテージ」

人に新しい行動をさせるのは非常に難しい。
世の中の9割のサービス・事業は、元々あった何かのリプレイス。
PC中心のサービスを、スマホ最適化にリプレイスしていくとか、サイトで総合的に取り扱っている商品のうち、チケットとか、車の部品とか、カテゴリを抜き出して最適化したサービスが成長している。

ゼロから新しい価値を生み出そうとするよりも、既存市場に後から参入する方が、勝機がある場合もあるので、儲かっている分野や、儲かっている企業のリプレイスといったアプローチの仕方もある。

 

メリット③:超リーズナブルなビジネススクール

料金は「無料説明会」で公表しているため、お伝えできないのが歯がゆいですが、とにかくリーズナブルであることは間違いありません。

例えば、ビジネス系で人気の資格「中小企業診断士」はスクールに通うと試験費用も合わせて50万円くらいはかかりますが、ウィルフのスクール料金はもっとリーズナブルです。

よくある質問

事業アイデアがないけど大丈夫ですか?

受講者の大半の方は、事業アイデアがない状態で受講しています。

また仮にアイデアがあっても、スクールで学んで仮説検証するなかで全く別の形になることがほとんどのようです。

3ヶ月で本当に起業できる?

3ヶ月で起業できなければ、それ以上時間をかけても起業できません。

一般的に主要企業の新規事業は通常業務の2割の時間で3ヶ月で任せます。
ゼロから3ヶ月で起業を実現した卒業生が数多くいます。

[/chat]

いつ始めるのがいい?

起業は最初の一歩は小さく始めることが成功の秘訣です。

なので、極力早く始めるのがおすすめです。

仕事で忙しかったとしても、1日1時間だけ事業に専念して独立を果たした人もいます。

まとめ

いかがでしたか?

今回はWILLFU(ウィルフ)の評判・口コミについてまとめていきました。

下記のようなお悩みを抱える方は、是非一度「WILLHU(ウィルフ)」の無料オンライン説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

こんな方におすすめ
  1. いつか独立・開業・起業したいが、何から始めていいか分からない
  2. 起業に興味はあるが、いい起業アイデア、いい独立案件が見つからない
  3. 会社を辞めても生きていける、稼ぐ力を身につけたい
  4. 今の会社で働きながら、月10-30万円でも収入を増やしたい
  5. 副業や個人事業を始めてみたが、拡大できる事業モデルを作れない
  6. 年収1,000万円を目指したいが、今の延長線では難しい
  7. 親の会社を承継し、新規事業を作り、拡大させたい
  8. 働きながら、独立・開業・起業の準備を始めたい
  9. 独立・開業・起業したいと思っているうちに、今の年齢になってしまった
  10. 独立・開業・起業に必要なスキル、知識、経験を身に付けたい
  11. 今を打開する熱いことに取り組みたい
  12. 会社をいつでも辞めれるように、稼ぐ力を身に付けたい
  13. 会社以外に収入の軸を作りたい
  14. 会社の人間関係に疲れ、一人で生きる力を身に付けたい
  15. 自分の時間を作るため、自力で稼ぐ力を身に付けたい
  16. 収入の上限を会社に決められたくない
  17. 転職活動しても転職が決まらない。いい会社を自分で作りたい
  18. 社内で新規事業責任者になるため、事業作りの力を身に付けたい

シオタ
シオタ
上記のようなお悩みをお持ちの方は、まずは「無料オンライン説明会」に参加してみてはいかがでしょうか?


\ 3ヶ月で収益化達成を目指す 

無料オンライン説明会実施中!
WILLFU 公式サイト
無料説明会申込はこちら

 

黒石代表のメッセージ

「来年こそは、独立・開業・起業しよう」と、60回繰り返すと、人生は終わる。

このサイトに来られたということは、きっと「いつかは独立・開業・起業してみたい」という思いを持っているのではないでしょうか。

しかし、おそらく今はまだ、独立・開業・起業していないのだと思います。

日本では、2人に1人が、独立・開業・起業に興味を持ちつつも、 実際に独立・開業・起業している人は、たった3%のみ。ほとんどの人が、皆さんと同じように「興味」と「実践」の間の壁を乗り越えられず、目の前の仕事に追われるだけの日々を過ごしています。

では、なぜ、「興味」と「実践」の間の壁は大きいのでしょうか。

それは、いきなり大きなこと、完璧なことを実現しようとするあまり、「実践」に伴って、退職や多額の投資、高度な経営知識が必要な状態を想定してしまうからです。

しかし、現実に独立・開業・起業している方は、最初は働きながら小さく始めています。

例えば、飲食店を50店舗経営する創業者は、1店舗目を出店する前に、土日祝日の三連休で、地元のお祭りに出店検証することから始めていました。三日間のお祭りで、三日とも行列ができ、なおかつ三日目の行列が一定以上リピート客になったことを確認して、初めて独立して1店舗目を出店しました。

例えば、あるIT上場企業の創業者は、会社で働きながら土日でサービスを立ち上げ、そのサービスが伸び続けて副業で対応できなくなった段階で、初めて独立起業しました。

私自身、会社員として働きながら、退職する1年前からいろんな事業に平日夜と土日で取り組み続け、会社員としての給与と同等に収益化が実現できた段階で退職をしました。

「いつか、独立・開業・起業したい」

そう思っても、いきなり会社を辞める必要なんてありません。 まずは、働きながら始めてみればいいのです。

・やってみて、自分に合ってたら、もっとやればいい。
・やってみて、合わなければ、また別の道を探せばいい。

しかし、やってみないと、考えるだけで一生が終わります。
いつかトライしたいなら、今、やるべきです。
一人でできないなら、刺激的な仲間と共に始めればいい。

私たちは、そんな皆さんを、本気で応援し続けたいと思っています。

 

>>「無料説明会」申込はこちら

 

【ぶっちゃけ】アントレサロンの本当の口コミ評判&デメリットを徹底取材!アントレサロン は、筆者シオタが2018年に法人登記をした際、初めて利用したバーチャルオフィスです。 事情があり、2020年に「レ...
あわせて読みたい