取材・調査

【コスパ最強】GMOオフィスサポートに直接インタビュー!「口コミ・評判・料金」を徹底解説!

2021年12月、あの『GMOグループ』が、ついにバーチャルオフィス業界に参入しました。

その名も、『GMOオフィスサポート』!!

東証プライム(旧東証一部)上場の『信頼性の高さ』に加え、『月額990円〜』という圧倒的なコスパを誇ります。

バーチャルオフィスの月額相場は、約5,000円といわれる中、”まさに”『価格破壊』と言えるでしょう。

スペックも申し分なく、

  1. 業界最安水準(月額990円〜)
  2. 東証プライム(旧東証一部)上場の信頼性
  3. GMOあおぞらネット銀行との連携

という、バーチャルオフィスとして理想の3条件(料金・信頼性・銀行口座の作成サポート)を兼ね揃えています。

シオタ
シオタ
『GMOオフィスサポート』の”口コミや評判”について、バーチャルオフィス利用歴3年の筆者が調査しました!

社員の方にインタビューで聞いた”生の声”もありますので、是非最後までご覧ください。

本記事の執筆者

シオタ(@shiota_office

GMOオフィスサポートは渋谷の格安バーチャルオフィス

GMOバーチャルオフィスは正式名称『GMOオフィスサポート』となりますが、

月額990円〜という圧倒的なコスパを打ち出し、業界に衝撃を与えています。

「法人利用」や「追加のオプション」を付けることで、”多少”料金は増えますが、これらを加味しても安いことは間違いありません。

筆者の利用する『レゾナンス』よりも安い!?

ちなみに、法人登記の場合は、「月額1650円〜」になりますが、実はこの料金、筆者の利用する『レゾナンス』と全く同じ価格帯なんです。。

そして、結論からいうと、GMOオフィスサポートの方が「無料の郵便転送サービス(月1)」が付いており、若干有利なことがわかりました。

▼以下は、法人登記の場合の料金比較です

料金 郵便物
GMOオフィスサポート 1,650円〜/月 無料転送あり (月1)
レゾナンス 1,650円〜/月 無料転送なし(都度払い)

シオタ
シオタ
渋谷でオフィスを探している方にとって、「GMOバーチャルオフィスを選ばない理由はない」と言っても過言ではありません。。

\業界最安水準!月額990円〜/
GMOオフィスサポート 公式サイト

 

GMOオフィスサポートの担当者に直接インタビュー

「GMOオフィスサポート」のことを深く知るため、社員の赤坂さんに、直接インタビューさせていただきました。

シオタ
シオタ
本日は宜しくお願いします。

赤坂さん
赤坂さん
こちらこそ、宜しくお願いします。

①インタビュー内容

シオタ
シオタ
以下の3つの内容をインタビューしました。

「項目」を押すと中身が開きます。

【1】どんな業種のお客様が多いですか?

シオタ
シオタ
どんな業種や属性のお客様が多いですか?

赤坂さん
赤坂さん

まず、業種では「情報通信業」や「コンサル業」をはじめ、幅広い業種のお客様にご利用いただいております。

また、「副業」や「フリーランス」として活躍される「個人のお客様」が多いという点も特徴です。

男女比としては、男性の方が約9割ほどになり、年齢層としては、20代の『若い世代のお客様』が、約4割程いらっしゃいます。

中には、「未成年のお客様」からのお申し込みもあり、これには驚いております。

<取材メモ>

他社よりも、若い方(特に20代)のニーズが多いと感じましたが、“コスパ重視”の「個人」にとって、月額990円〜の「GMOオフィスサポート」が選ばれるのは、必然の流れと言えます。

シオタ
シオタ

法人登記で「月額1,650円+月1の無料郵便転送」まで付くのは、GMOオフィスサポートだけでしょう。

筆者も正直、『乗り換え』を真剣に考えてしまうほど、条件が良いです。

 

【2】御社独自のセールスポイントを教えてください。

シオタ
シオタ
特徴やセールスポイントを教えてください。

赤坂さん
赤坂さん

当社の”強み”は、以下の4点です。

  1. 業界最安水準の料金
  2. GMOグループの信頼性
  3. 充実の起業支援サービス
  4. GMOあおぞらネット銀行との連携

まず、価格については「月額990円〜」の業界最安水準を実現しています。

こうした「コストパフォーマンス」に加え、東証プライム(旧東証一部)上場のGMOグループとしての「高い信頼性」や、会員様がお得にご利用いただける、独自の「起業支援サービス」を提供しています。

また、グループ会社には、ネット専業銀行の「GMOあおぞらネット銀行」もあります。

一般的に、バーチャルオフィスでは「法人口座」が作成しづらいイメージがある中、当社では起業支援の一環として、当銀行をご紹介させていただいております。

<取材メモ>

実は、筆者も「GMOあおぞらネット銀行」のヘビーユーザーですが、驚くほどコスパが高く、心からおすすめしたい銀行です。

▼主なメリット

  • 口座維持費0円
  • 振込手数料も格安
  • スマホでも使える

一般的に、法人口座の場合、口座維持だけで「月額数千円」掛かるケースも多いですが、GMOあおぞらネット銀行なら、口座の維持費が無料です。

もちろん審査があるので、『必ず口座を作れる』というわけではありませんが、様々なサポート体制が整っているため、スムーズに作成できることは間違いありません。

▼GMOオフィスサポートなら、「銀行情報の連携」や「事業計画書」のサンプルが”無料”で手に入ります。

 

【3】今後の事業展開を教えてください。

シオタ
シオタ
最後に今後の事業展開を教えてください。

赤坂さん
赤坂さん

今後の事業展望としては、

  • 店舗数の拡大
  • 貸しスペース(貸し会議室)

など、サービスの拡充を検討しております。

店舗については、都内はもちろんですが、ニーズの高い『地方都市』への展開も検討しています。

また、貸し会議室(貸しスペース)についても、検討中でこちらは近日中にリリースの予定です。

<取材メモ>

「GMOオフィスサポート」の唯一のウィークポイントは『店舗が渋谷のみ』そして『貸し会議室がない』ということですが、いずれも近日中に解消されそうです。

以下、後日談・・・

先程「貸し会議室(貸しスペース)」と言いましたが、取材から約2週間後の2022年3月10日、早くも「ワークスペースの時間貸し」のサービスがリリースされていました。

対応の速さには驚くばかりです。。

【ワークスペース時間貸しサービス「Threes」について】

「Threes」は、トーキョーサンマルナナが提供する、ホテル施設を利用したワークスペースの時間貸しサービスです。ユーザーは現地でQRコードを読み取るだけで、電源・インターネット・ドリンクなど必要なサービスが利用できるホテルの快適な空間(個室・オープンスペース)を15分単位で利用することができます。施設の空き状況は、アプリから簡単に確認が可能です。

 

②インタビューを終えて

インタビューを終えて感じたことは、

『今後、恐らくGMOオフィスサポートを越えるバーチャルオフィスは、現れないだろう。。』

これが率直な感想でした。

バーチャルオフィスで最も重要な、

  • 料金の安さ(コストパフォーマンス)
  • 会社や住所の信頼性
  • 銀行口座の開設サポート

これら全ての条件において、GMOオフィスサポートは業界最高の水準といえます。

唯一の課題は『店舗数』が少ない(渋谷のみ)ですが、「渋谷での登記(登録)」に問題ない方は、「GMOオフィスサポート一択」と言っても過言ではありません。

シオタ
シオタ

インタビューに対応いただいた赤坂様は、とても誠実で、GMOオフィスサポートのイメージ通り、スマートで素敵なお方でした。

インタビューにも快く応じていただき、感謝いたします。

>>GMOオフィスサポート公式サイト

GMOオフィスサポートの評判と口コミ

まだサービス歴が浅いこともあり、口コミは少ない状態でしたが、Google等でコメントがありましたので、抜粋してご紹介します。

まずは『辛口の意見』から見ていきましょう。

悪い評判 (口コミ)

口コミは「悪い意見」の方が気になる方が多いと思いますので、ここは包み隠さずに紹介していきたいのですが、

まだ、サービスを開始して間もない方もあり、悪い評判は見当たらなかったです。

良い評判 (口コミ)

本当に1日で利用開始できた。
法人銀行口座も作れて転送料も込みで1650円てコスパ良すぎ。ありがたい。

出典 google口コミ

シオタ
シオタ
やはり「コスパの良さ」を評価する声が目立ちました。

たった1日で利用開始できるとは、恐るべしです。

料金体系が非常にわかりやすく、法人口座とつながれるので嬉しい。コスパ最高だと思う。

出典 google口コミ

シオタ
シオタ
「料金体系がわかりやすい」のも大きなポイントです。

法人の場合、月額1,650円〜で、『法人登記+無料郵便転送』まで付くのでお得です♪

良い口コミでは、

  1. コストパフォーマンスの高さ
  2. 最短即日で利用できる

このような声が目立ちました。

ちなみに、GMOオフィスサポートはGoogleの全体評価が「5点(満点)」でした。

全体の口コミ数が少ないとはいえ、納得の評判です。

GMOオフィスサポートのメリット・デメリット

続いては、GMOバーチャルオフィスの「メリットとデメリット」を要点を絞って解説します。

まずは、『GMOオフィスサポート』の「デメリット」から見ていきましょう!

唯一のデメリットは、会議室がないこと。。

結論として、「会議室がない」ことが唯一のデメリットになると思います。

正直、人と接する機会があまりない方であれば、全く気にする必要はないと思いますが、「どうしても使いたい」という方にとっては、マイナスポイントかもしれません。

シオタ
シオタ
ちなみに筆者はバーチャルオフィスは3年以上使っていますが、会議室は一度も使ったことがありません。

会議室はバーチャルオフィスでレンタルすると割と高い印象があるので、仮に必要なケースがあっても、結局カフェなどで打ち合わせを行うケースが多いです。。笑

メリット①:圧倒的なコスパ

GMOオフィスサポートの最大の売りは何と言っても、料金の安さです!

実際にどれくらい安いのか、料金が安いといわれる他のバーチャルオフィスと比べてみても、明らかに安いことがわかります。

月額の比較

社名 料金 郵便転送
GMOオフィスサポート 990円〜(法人登記1,650円〜) 無料郵便転送あり(月1)
レゾナンス 1,650円〜 都度払い
DMMバーチャルオフィス 2,530円〜 都度払い
Karigo 3,300円〜 都度払い
ワンストップビジネス 4,800円〜 無料郵便転送あり(月1)
ナレッジソサエティ 4,950円〜 無料郵便転送あり(月1)

例えば、法人登記の場合、『GMOオフィスサポート』と『レゾナンス』は、一見同じ金額(1,650円)ですが、

無料郵便転送サービスが付いてくるGMOオフィスサポートの方が、コスパが高いといえます。

・GMOオフィスサポート → 無料郵便転送あり○
・レゾナンス → 無料郵便転送なし×(都度払い)

入会金の比較

入会金の比較 (税込)
GMOオフィスサポート 無料
レゾナンス
5,500円
Karigo 5,500円
DMMバーチャルオフィス 10,500円
ワンストップビジネス 10,780円
ナレッジソサエティ 15,000円 (保証金30,000円)

今回比較した業者も決して高いわけではありませんが、GMOオフィスサポートは、圧倒的なコスパを誇ります。

メリット②:東証プライム(旧東証一部)の安心感


最近は少しずつ変わってきましたが、一昔前のバーチャルオフィス業者の中には、怪しい企業が一定数存在していました。。

そうした中、知名度が高く、東証プライム(旧東証一部)上場企業であるGMOグループは、他社とは比較にならない程の信頼性があります。

ちなみに、会社の財務基盤を測る上で重要な『資本金』も圧倒的な差があります!

資本金の比較

資本金の比較
GMOオフィスサポート 100,000,000円 (1億円)
レゾナンス
500万円
Karigo 4,168万円
DMMバーチャルオフィス 1,000万円
ワンストップビジネス 1,000万円
ナレッジソサエティ 1100万円

東証プライム(旧東証一部)上場企業&資本金1億円のスペックは、バーチャルオフィス業界では「ダントツNo1」の信頼性に値します。

メリット③:銀行口座の作成がスムーズ

3つ目の魅力は、グループ会社に『GMOあおぞらネット銀行』があるため、銀行口座の作成がスムーズということです。

バーチャルオフィスの最大のデメリットは、銀行口座が作りづらさですが、GMOオフィスサポートなら、銀行口座の作成もスムーズです!

シオタ
シオタ
ツイッターを見ても、「銀行口座」の作りやすさを、たくさんの方が評価しています。

シオタ
シオタ
ちなみに、GMOあおぞらネット銀行は、筆者も法人利用していますが、送金手数料が安く、使い勝手も良いので重宝しています!

>>GMOオフィスサポート公式サイト

GMOオフィスサポートの料金について

プラン一覧

月一転送プラン 1,650円/月
隔週転送プラン 2,200円/月
週一転送プラン 2,750円/月
転送なしプラン※法人登記なし 990円/月

オプションサービス

速達、書留転送 660円/通
不在表通知 220円/回
キャプチャ通知 1,100円/月
即時転送 550円/回

GMOオフィスサポートの基本情報

本店所在地 東京都渋谷区道玄坂1‐2‐3 渋谷フクラス
設立 2021年8月4日
資本金 100,000,000円
公式サイト https://www.gmo-office.com/

GMOオフィスサポートに関する「よくある質問」

レンタルできる住所はどこですか?

渋谷駅から「徒歩3分」の以下の住所となります。とても立派なビルのようです。

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-10-8
渋谷道玄坂東急ビル2F-C

申込時に支払う料金は?

お申込み月の翌月1日から起算して、12ヶ月分の基本料金を前払いです。

※日割り計算やデポジットはありません。
※初期登録費用(いわゆる入会金)も無料です。

申込みに必要な書類は何ですか?

必要書類は以下となります。

<個人申込みのケース>

お申込み者様の本人確認書類として、下記7点のうちいずれか1つ。

  1. 運転免許証
  2. マイナンバーカード
  3. 在留カード
  4. 運転経歴証明書
  5. 住基台帳カード
  6. 特別永住者証明書
  7. 健康保険証


<法人でお申込みの場合>

代表者様の本人確認書類として、下記のうちいずれか1つ。

  1. 運転免許証
  2. マイナンバーカード
  3. 在留カード
  4. 運転経歴証明書
  5. 住基台帳カード
  6. 特別永住者証明書
  7. 健康保険証

※当然ですが、本人確認書類に記載の情報と、お申込みフォームにご入力の情報が一致している必要があります。
※日本の国籍を保有されていない方は、在留カードもしくは特別永住者証明書が必須となります。

会社の登記に住所を使うことはできますか?

会社の登記住所として登録することも「可能」です。

申込みから利用開始まではどれくらいかかりますか?

最短「即日」でサービスを利用できるようです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は『GMOオフィスサポート』の評判・口コミについてまとめていきました。

それでは、最後に「GMOオフィスサポート」の特徴について振り返っていきましょう。

GMOオフィスサポート5つの特徴
  • 業界最安水準の料金
  • 東証プライム(旧東証一部)上場の信頼性
  • 住所は渋谷の一等地
  • GMOあおぞらネット銀行が作りやすい
  • 最短即日利用できる

シオタ
シオタ
GMOオフィスサポートは、筆者も心からおすすめできる、信頼性の高いバーチャルオフィスです。

渋谷でバーチャルオフィスをお探しの方は、是非「GMOオフィスサポート」をご検討ください。

\業界最安水準!月額990円〜/
GMOオフィスサポート 公式サイト

あわせて読みたい